« 恐ろしい記憶の消去にはタイミングが重要 | メイン | 一夫一妻制の両生類が初めて発見された »

ケータイ着信音を叩いて黙らせる


 New Scientist より。

■ 鳴る携帯電話を叩いて静かにする
 Silence that ringing cellphone with a whack

 映画館で感動的なシーンに、オフにし忘れたケータイ着信音が鳴り響く・・・慌ててポケットに手を突っ込むものの、つっかえてなかなか出てこない。やっとオフにできたときには既に遅し、すっかり白けた周りの視線の集中砲火。・・・こんな縮み上がるような思いをした人に朗報です。ポケットの上からケータイを叩くだけで音を止めることが可能になりそうです。

 この方式は、ピッツバーグのカーネギーメロン大学の Scott Hudson と Chris Harrison、および Intel 研究所の人々によって開発されました。

 この方式の仕組みはたいへん分かりやすいです。最近のケータイは多くに加速度センサーが搭載されています。彼らは、センサーから得た衝突や振動の数値をもとに、「叩く」動きが行われたか否かを検出するアルゴリズムを開発しました。叩く動きに対し、例えば着信音を止めるといったコマンドを割り当てたのです。

 しかし、どのぐらい正確に検出できるものなのでしょうか。彼らはこれを確かめるために、11人のボランティアで次のような実験を行いました。ボランティアたちは加速度センサーのついたデバイスをポケットに入れて2時間外出しました。そして研究者が指示したタイミングで叩く動作を行ったところ、その全てを正しく検出することができたということです。誤検出(実際には叩いてないのに間違って検出してしまう)があったのは1人だけでした。

 将来の商用化について研究者はこう考えています。ポケットの中のケータイは向きを特定するのが困難なので、たくさんの動きのパターンを割り付けることは難しいが、それで実用上は問題ないだろうと。例えば着信音が鳴っているときであれば、マナーモードに変えるか、もしくは自動応答に切り替えるか、の2パターンだけあれば十分かもしれないと述べています。

 なるほど。これは結果がはっきりしていて分かりやすいです。わりとすぐに実用化されそうな雰囲気です。着信音やアラームを止めるという用途の以外にも、犯罪に巻き込まれた時の緊急通報用にも用途があるかもしれません。誤検出されない複雑な動作(10回連続で叩くとか)に割り当てておいて、誘拐などのトラブルに遭遇したときに動作を行えば、自動で位置情報と一緒に警察に連絡がいくとか・・・。特に日本で好まれそう?

【参考リンク】
・元論文:Whack Gestures: Inexact and Inattentive Interaction with Mobile Devices Tangible, Embedded, and Embodied Interactionという学会で発表されました。(や さん情報ありがとうございます!)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3111

コメント (2)

や:

これかと思います.

Whack Gestures: Inexact and Inattentive Interaction with Mobile Devices

http://tei-conf.org/10/Program/WhackGesturesInexactAndInattentiveInteractionWithMobileDevices

riverplus:

ながらく応答を忘れてほんとすみません。
頂いた情報を反映させました! ありがとうございました!

コメントを投稿