« 海洋酸性化が生物に恩恵をもたらす? | メイン | ケータイ着信音を叩いて黙らせる »

恐ろしい記憶の消去にはタイミングが重要


 Science NOW より。

■ 恐ろしい記憶の消去にはタイミングが重要
 Erasing Scary Memories Is a Matter of Timing

 戦争や事故など、凄惨な体験によってPTSDを患った人々が世の中には数多くいます。そうした人々から恐ろしい記憶を取り除いてやることができないものか――「記憶の再統合」と呼ばれるプロセスを狙い撃ちにする手法によって、薬物のリスクなしで恐ろしい記憶を消去できる可能性が新たに示されました。

 僕たちの頭の中で、記憶がどのようなプロセスを経るかについては、既に多くのことが知られています。中でも、「記憶の再統合(reconsolidation)」というプロセスは、短期記憶が長期記憶へと移行する過程のことをさし、これが記憶の消去に重要な役割をもつと考えられています。薬物を使うことでこのプロセスを阻害できることは知られていましたが、これには副作用のリスクが大きく、人間に対して用いることはできませんでした(*1)(*2)。

 そこで今年の初めに発表された研究では、ラットを対象に、「記憶消去のトレーニング(extinction training)」をやらせることで、薬物を使わずに恐ろしい記憶を消去できたと報じられました。この研究では、まずブザー音を鳴らした後でラットに電気ショックを与えました。これによりラットはブザー音を聞いただけで恐怖の記憶を呼び覚ますようになりました。そしてその後、電気ショックなしでブザー音を繰り返し聞かせるという、「記憶消去のトレーニング」を行いました。研究者らは、ラットの脳内で「記憶の再統合」が行われているタイミングを狙ってトレーニングを行うことで、恐怖の記憶が不安定化し、以後、ブザー音を聞いても怯えを見せなくなることを突き止めました(*3)。

 しかしながら、上記の研究はラットが対象でした。これまでのところ、人間を対象にした実験というのはなされていませんでした。

 ここまでが前置き。さて今回、ニューヨーク大学の認知神経学者 Daniela Schiller と Elizabeth Phelps は、同様の手順を人を相手に行いました。

 彼女らはまず、被験者らに、不快な体験を記憶づけました。コンピュータ画面上の青または黄色の正方形を見せ、青のときだけ、被験者の手首に軽い電気ショックを与えました。これにより被験者は青い正方形と恐怖とを関連づけました。記憶づけ後の被験者に、青い正方形を見せてみたところ、電気ショックを与えなくとも、皮膚上の微少な電流に変化が見られるようになりました。青い正方形から恐怖の記憶を呼び覚ましたのです。

 そしてその1日後、被験者らは「記憶消去のトレーニング」をおこないました。電気ショックを与えずに、青い正方形を繰り返し見せたです。以前の研究でネズミが受けたトレーニングとよく似ています。

 被験者は3つのグループに分けられていました。最初のグループは、トレーニングの10分前に、記憶を思い出すため、青い正方形をもういちど見せられました。また別の3分の1は、トレーニングの6時間前に正方形を見て記憶を思い出しました。残る3分の1は記憶の思い出しは行いませんでした。

 記憶消去のトレーニングを行ったさらにその1日後、研究者は、すべての被験者に青い正方形をふたたび見せました。すると、その反応はグループによって異なっていました。トレーニングの10分前に思い出しを行ったグループは、青い正方形を見ても特に恐怖を感じませんでした。しかし一方で、6時間前に思いだしを行ったグループ、思い出しを行わなかったグループは、いずれも皮膚の電流に変化が見られたのです。この傾向は1年後も同じでした。

 人間において、通常、記憶の再統合は、記憶の思い出しが行われてから3分後にはじまります。すなわち、思い出しの10分後に記憶消去のトレーニングをやったグループにおいて、恐怖の記憶が消去されたと考えられるのです。記憶が不安定になる再統合のあいだを狙い撃ちすることで、記憶を根本から変えたのだと研究者は述べています。

 なるほど。。。記憶を思い出してから10分後、というのが消去のトレーニングを行う上ではポイントになるようです。非常に複雑と思われる人間の記憶が、こんなにシンプルな実験で明らかな違いが見られたというのは驚きです。

 とはいえ元記事でも言及されているように、今回のようなトレーニングが、戦争や事故のような類の記憶の消去に対しても同じように効果があるかという点は注意しないといけません。人生観が変わってしまうほどの強烈な記憶だと、記憶消去のトレーニングがかえって恐怖の呼び水となる可能性だってあるかもしれない。今後の発展に期待です。

【参考リンク】
・(*1)科学ニュースあらかると::特定の記憶を消せるだろうか
・(*2)マウスの記憶の選択的消去が可能になった
・(*3)Extinction-Reconsolidation Boundaries: Key to Persistent Attenuation of Fear Memories
・元論文:Preventing the return of fear in humans using reconsolidation update mechanisms

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3097