« トレーダーは笑顔にご注意を? | メイン | 音の知覚は体力に関係している »

世界の辺境の度合いが分かるマップ


 New Scientist より。

■ 地上最奥の地はどこか
 Where's the remotest place on Earth?

 都会を離れて海外に行き、さらに何日も道を進んで大自然の中で過ごす。アウトドア好きにはこんな旅行はたいへん魅力的でしょう。さて、このような人里離れた地域は、今の地球にどのぐらいあるのでしょうか? あらたな研究によって、こうした地域は想像以上に少ないことが明らかになりました。

 この研究は、イタリアにある欧州委員会の共同研究センターと、世界銀行の研究者らによるものです。

 この研究では、世界の「接続性」をしめす地図が作成されました。研究者らは、世界の各地点から最寄りの人口5万人以上の街まで移動するのにどのぐらいの時間がかかるかを計算しました。移動は陸路または水路を使ってなされるとし、道路や線路、河川路のネットワークのアクセスや、地域内の情報が盛り込まれました。また、土地の高度や勾配、国境検問所による足止めといった要因が考慮されていました。

 作成された地図から読みとれた情報は、たいへん面白いものでした。当初の予期よりもはるかに多くの土地が、短い時間でアクセスできることが分かったのです。

 まず、最寄りの都市から陸路で48時間以上かかる土地は、世界のうち10パーセント未満でした。

 また、アクセスがきわめて困難であると思われていた地域であっても、文明からそう遠くないことが分かりました。たとえばアマゾンでは、48時間以上かかる土地は全体の約20パーセントしかありませんでした。河川路ネットワークが広範囲に渡っていること、そして道路建設が急速に広がっていることが理由です。この割合はカナダのケベック州と同じ水準です。

 今回の結果からは、医療や教育といったリソースへのアクセスがどのように推移するかといった情報や、あるいは人間が野生生物をどのように追いやっているかといった情報を示すと研究者は述べています。

 なるほど。リンク先の記事ではギャラリーで計10枚のさまざまな地図を見ることができます。かなりおすすめ。都市に近いエリアが、道路沿いに網目のようになっている地域もあれば、斑点状に並んでいる地域もあり、何となく眺めているだけでもかなり楽しめます。

【参考リンク】
・元論文:不明

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/2986

コメント (2)

SKW:

その一方で、地球上の地点を適当に選ぶと、そこに人が住んでいる確率は
極めて低いということが分かるのが以下のサイト。
http://confluence.org/

riverplus:

これ、すごいですね。
GPSで座標ぴったりのところに行ったのでしょうか?
こうして見ると日本もまるで森と海しかないみたいです。

コメントを投稿