« 母音の分類過程がシミュレーションで再現された | メイン | 誰がベートーヴェンを殺したのか? »

共感であくびがうつる


 ABC News in Science より。

■ 共感であくびがうつる
 Empathy makes you 'catch' a yawn

 あくびはなぜうつるのでしょうか? 世間的には、酸素濃度の低いせまい部屋にいるからうつったように見えるだけ、とする説が信じられていますが、これで全てが説明できるわけではありません。映像を見てもうつることが知られており、これを反射の影響とする説や、相手への感情移入がもたらすとする説などがあります。

 今回の研究は、感情移入(共感)による説を支持するものです。

 ロンドン大学バークベックカレッジの千住淳博士らによるこの実験では、自閉症スペクトラム障害をもつ子供24名と、そうでない子供25名のそれぞれに、あくびをする人の映像と、単に口を動かしている人の映像を見せました。そしてこの状態で、子供たちがどの程度あくびをするかを観察しました。

 結果はどうだったか。口を動かす映像を見せた場合は、両方のグループの子供たちの間で、あくびの頻度に違いは見られませんでした。しかし一方、あくびをする映像を見せた場合、自閉症の子供には変化が見られなかったのに対し、そうでない子供では、あくびの頻度がアップしたことが分かりました。

 自閉症の症状の一つに、相手への共感能力の欠如があります。ここから研究者らは、共感の能力があくびの伝染の土台にある、と記しています。そして、今回の結果は、自閉症の人々の社会的障害やコミュニケーション障害の本質を理解する出発点とできると述べています。

 僕自身は、そもそも低酸素説が正しいものとすっかり思っていたので、映像でもあくびがうつるということに少しびっくりしました。

 今回の結果から、共感があくびの伝染に大きな関連を持つことが明らかになったわけですが、とはいっても、共感に由来するほかの行動(もらい泣きとか)とあくびの伝染とが同じようなものかと言われると、それには少し違和感がありますね。実際、今回の研究は、あくまでも共感能力とあくびの伝染との相関関係を示しただけであり、共感能力があくびの伝染を直接的に支配しているとは言い切れないでしょう。あくびの伝染には、自閉症者のもたない、共感以外のファクターが他にもあるのかもしれません。

 あと、news @ nature.com の同研究の記事(Autistic kids don't catch yawns)で記されているような、自閉症とそうでない子供とで映像の見ている箇所が違うのでは、という可能性も捨てきれないですね。視線のトラッキングなどで調べるんでしょうか?

【参考リンク】
・(元論文)Absence of contagious yawning in children with autism spectrum disorder
Orbium -そらのたま-::人類はなにも知らない! なぜあくびする? なぜうつる?
ざつがく・どっと・こむ::あくびがうつる
EP: end-point 科学に佇む心と身体Pt.2::共感、伝染、入眠同調:あくびがうつるわけ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/2486

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 共感であくびがうつる:

» 獣医学的ニュース/2008-08-06 送信元 獣医志Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)
獣医学的ニュース ついに商業ベース初の犬クローン誕生 韓国(AFP) 「死んだコの代わりにクローンがいればいいじゃない」ということは、「一卵性双生児... [詳しくはこちら]