« 孤独なジョギングと喫煙者の指紋 | メイン | 月から地球を監視する »

同乗者がいると交通事故のリスクは高くなる


 Sciense NOW より。

 交通事故でけがをして病院に運ばれたドライバーを対象にインタビュー調査を行ったところ、同乗者がいるときの事故を起こすリスクは、ドライバーだけのときよりもずっと高くなることが明らかになったそうです。

 運転中のドライバーの行動については、日本でも、運転中の携帯電話が処罰対象となるなど、たいへん多くの関心を集めている話題です。その後も、ハンズフリーも実は安全ではないという研究結果が出されるなど、本当のところはなお明らかになっていない状況です。

 こういう研究は、室内シミュレータだったり、あるいは実際に事故に遭った人へ聞き取りとかいった方法で調査がなされることが多いです。ですが、今回の調査は、事故に遭ったドライバーへの聞き取りだけでなく、事故と同じ曜日の同じ時刻に、現場付近を通る(事故に遭ってない)ドライバーにも併せて聞き取りを行い、両者の結果を比較したそうです。

Shut Up! I'm Driving
(黙ってて! 運転中なの)

-------------------------------------------------

 道路の危険物リストに、らしくない項目を付け加えよう。携帯電話、SUV(スポーツ多目的車)、通行妨害をする車はもちろん危険である――が、相乗り専用車線にも目を見張るようにしよう。新たな研究によると、車に同乗者のいるドライバーは、事故に遭うリスクが60%高くなるということが示された。同乗者が2人以上だと可能性は2倍である。(訳注:米国の一部では、環境保護の観点から、複数人の相乗りでの通勤を推奨しています。高速道路にも相乗り車専用の車線が設けられているそうです。)

 運転シミュレーションと実験室での研究によると、携帯電話で話すことやテキストメッセージを行うことは、ドライバーの衝突のリスクを高めることが示されている。しかし実際に路上で何が起きているのかを調べた研究はわずかしかない。以前の研究では、携帯電話を使っているドライバーは、そうでない人々よりも事故に遭う割合が4倍高いことが分かっていた。オーストラリアのシドニー大学の医療疫学者 Suzanne McEvoy は、車に同乗者がいる場合と比べるとどうなるのか考えていた。

 McEvoy と同僚らは、地元の病院に行き、緊急治療室に運ばれた事故犠牲者にインタビューをした。致死的でない怪我を自動車事故で負った274名の人々からデータを集め、何人の同乗者が乗っていたか、何らかの形で同乗者とやりとりをしていたかどうかを尋ねた。彼女らはこれらのボランティアたちを、事故現場の最寄のガソリンスタンドで同曜日同時刻に募った1096名のドライバー(対照群の役割をもつ)と比較した。この研究者らは携帯電話の記録も手に入れ、これにより事故の時刻の付近に通話がなされていたかを確認した。

 このチームが発見したところによると、車に少なくとも1人の同乗者がいると、怪我を伴う事故に遭うドライバーのリスクは60%増加していた。これは濡れた道路で起きるのと同じリスク増加である。怪我を負ったドライバーのおおよそ3分の1は、事故のとき、何らかの方法で同乗者と話したりやりとりをしていたと報告した。2名以上の同乗者がいると事故のリスクは2倍になった。また研究者らが発見したところによると、予期の通り、携帯電話で話をすることは怪我を伴う事故に遭うリスクを4倍に高めていた。同乗者は少なくとも交通状況を分かっており、状況が危なくなると話をやめることができるため、電話で話すことはより危険なのだろうと McEvoy は推測する。現実生活の同じ状況での比較がなされたというのはこれが初めてである。この著者らは今日、Accident Analysis and Prevention 誌に報告する。

 同乗者がつねに問題であるわけではない、と指摘するのは、ソルトレークシティのユタ大学の認知心理学者 Frank Drews である。実験室での研究では、同乗者が交通に注意を払うことでドライバーが事故を避ける助けとなっていることを Drews は発見していた。この違いを調べるには今回の研究は小さすぎるため、ドライバーに対する政策の決定を提案する前に、さらなる研究が必要であろうと Drews は言う。

-------------------------------------------------

 実際の事故現場まで行って他のドライバーにアンケートをとるというのは大変手間のかかった調査ですね。その熱意に頭が下がります。

 同乗者の存在が危険をアップさせるかどうかというのは、同乗者の性質に大きく依存する気がしますね。日常的に車の運転をしている人だったら、ドライバーと同じだけの注意を払えそうですが、ほとんど運転をしない人なら、周りの状況などお構いなしにドライバーに話しかけたりすると思います。

【参考リンク】
・(元論文)The prevalence of, and factors associated with, serious crashes involving a distracting activity
Hotwired Japan運転中の携帯電話、ハンズフリーでも危険大

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/815