« ロシア人は2つの青を見る | メイン | 孤独なジョギングと喫煙者の指紋 »

文化はものの見方を左右するのか


 New Scientist より。

 以前にこのブログで、文化とものの見方の関連についての研究を紹介しました。(「米国人と中国人で違う、ものの見方」)この研究では、米国人と中国人の被験者の各々に様々な写真をみせたときの、視線の動きをトラッキングするということを行いました。この結果によると、中国人は米国人よりも写真の背景の部分により長い時間の視線を送り、手前の物体にあまり注意を払わなかったことが明らかになりました。

 今回の記事はそれとは異なる研究者によるものですが、流れの上ではその続きといえるかもしれません。はたしてものの見方は文化によって左右されるのか否かを調べるべく、米国人とアジア人の若齢者・高齢者に対して、脳スキャンを行いながら様々な写真を見せるということを行ったとのことです。

Can culture dictate the way we see?
(文化は私たちの見かたに影響を及ぼすのか)

-------------------------------------------------

 文化は私たちの世界の見方を形づくる、と諺では言う。そしてそれは単なる諺以上のものであるようだ。新たな研究が示唆するところによると、文化は私たちの脳の視覚的情報の処理のやり方を形づくっているのかもしれない。

 研究者たちが発見したところによると、画像の前面における変化に対して、東アジアの年配者の脳は、西洋の年配者よりも強く反応するのだという。この違いは、アジアの諸文化での背景や文脈、像における重要性が増しているためとのことである。

 米国アーバナにあるイリノイ大学の Denise Park らは、地元およびシンガポールから37名の年配者と若年者のボランティアを募った。この研究での若年の参加者たちは平均22歳で、年配の参加者たちは平均67歳だった。

 被験者たちは各々、機能的磁気共鳴画像(fMRI)で脳をスキャンされた状態で、200枚の画像を見た。研究者たちは、画像の背面あるいは前面を変化させて、グループ間で反応に変化があるか調べた(元記事を参照)。

■ 年齢と文化

 予期していた通り、研究者らは年齢のグループ間で違いを見出した。いずれのグループも、年配の被験者は、若年の被験者と比べて、海馬――精神が特定の物体を背景に結びつける助けとなるとされる脳の領域――による反応が低かった。

 しかしこのチームはまた、東アジアの年配者らでは、西洋の年配者と比べて、物体の認識とかかわりのある脳の領域の反応が小さいということも発見した。この現象は、2グループが、背景は同じで前面の物体が変化する画像を見た際に起こった。この脳領域は外側後頭領域と呼ばれている。(訳注:"lateral occipital region" に対する適切な訳語が見つからなかったので外側後頭領域としました。おそらく正式な用語ではありません。)

 重要なことに、西洋とシンガポールの若年者では、この特殊な視覚処理の領域の反応に目立った違いは見出せなかった。脳がいかに像を認知するかは文化によって形作られる、というこの数十年間の考えをこれは支持しているとこのチームは述べている。

 「彼らの発見は説得力があり有望です」と述べるのは、米国マサチューセッツ州ボストンのハーバード・メディカル・スクールの神経学者 Moshe Bar である。「環境に依存した視覚の発達を示す例は他にもありますが、この例は、文化的な影響にフォーカスしており、非常に独創性があります。」

■ 脳の彫刻

 目の動きを追跡した以前の研究では、東アジア人は西洋人よりも、画像の背景によく注意を払うということが分かっていた、とこの研究者らは記している。

 Park は、彼女の発見は、年配のボランティアのみに着目した彼女の従来の脳スキャンの研究に沿っており、「文化が脳を彫り刻んでいることを示す初の研究」であると述べている。

 しかしながら New Scientist 誌がコンタクトをとった専門家の中には、この結果では、文化が米国とシンガポールの年配者間の脳の応答の違いに対する主たる理由であることを示せていないと言う者もいる。この相違を説明する、文化に関連した要素は他にもたくさんあると彼らは語る。

-------------------------------------------------

 若年者で見られなかった見方の違いが、高齢者になると現れてくる、という点はおもしろいです。記事中の最後にあるとおり、はたしてこの原因はいったい何なのか? というのはまだまだ検証すべき点がありそうです。

 あと、東アジア人では手前の物体を変化させたときの脳の反応が小さかった、ということが書かれてあるけれど、ここから「手前の変化に対して、東アジア人は米国人ほどの注意を払わない」というような結論を引っぱり出すのは尚早かもしれません。反応が小さかったのは、それが「手前」における変化だったからなのか、それとも単に変化した面積が小さかったからなのか。今後この辺も調べてみて欲しいなあ。

【参考リンク】
・(元論文)Age and culture modulate object processing and object-scene binding in the ventral visual area
Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience 誌のサイトではまだ入手できないようなので、上記のラボラトリーのサイトから参照して下さい。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/801