« ライオンのたてがみは雄のシンボルとは限らない | メイン | 論文捏造とデータの罠 »

非倫理的な感情から連想するもの

 Science 8月9月号より。

 突然ですが、こんな実験をやってみて下さい。

 あなたは今までに、倫理にもとるようなことをした経験はありますか? 困ってる人を見捨てたとか、スーパーで物を万引きしたとか・・・。もしあれば、そのときの状況を詳しく思い出して下さい。そしてそのときにあなたはどんなことを感じたかについても、併せて思い起こしてみて下さい。

 ・・・思い出してみましたか?

 では次に、下のクイズをやって下さい。簡単な単語の穴埋めクイズです。空欄に適当な文字を入れて、意味の通る単語にして下さい。

 _らう     き_い      う__す 

 できましたか? 実験は以上です。どうもお疲れ様でした。下へスクロールさせて下さい。

 

 

 

 

 

 さて、今回紹介する研究結果が日本人(日本語)にも当てはまると仮定するならば、上のように非倫理的なことを思い起こした被験者は、反対に倫理的なことを思い起こした被験者とくらべて、「あらう」「きれい」「うるおす」といった、洗浄と関連性のある単語を選びやすくなるという傾向が出てくるのだそうです。

Cleanliness and Godliness--It's True
(清潔さと信心深いこと――それは本当)
http://sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2006/907/3

-------------------------------------------------------------
 
手洗い  マクベス夫人は、ダンカン王の謀殺を企てた後で、想像上の血を手から落とそうと必死になっているとき、深遠で心理的な意味深い真実を表現していた。手を洗うことは、実際に人々の罪の意識を軽くしている、と研究者たちは Science 誌の明日の号(9月8日号)に報告する。

 物理的に清潔であることと、道徳的に清潔であることとは、宗教上の慣習と人々の心の両方において、肉体と精神のいずれもに当てはまる「清潔さ」といった言葉で示されるものとしてつねに密接に関係してきた。トロント大学で組織行動を教える Chen-bo Zhong と、イリノイ州シカゴのノースウエスタン大学のマネージメントの研究者である Katie Liljenquist は、この関連性を深く調査しようとした。まず彼らは、30名の学部生に対して、病気の友人を助けたなどの倫理的な行動をしたときの気持ちを思い起こしてもらい、一方、別の30名には、万引きなどの非倫理的な行動を思い出してもらった。両方のグループはそれから単語の穴埋めテストをおこなった。

 悪さをしたことを思い起こした学生たちは、洗浄に関連した言葉で単語を埋めやすかった(W__H を "WISH" ではなく "WASH" で埋める)。同様に被験者たちは、謝礼として殺菌ティッシュと鉛筆の間で選択をするよう言われると、非倫理的な行いを思い出した学生の3分の2がティッシュを取っていった――倫理的な行いを思い出した学生たちの2倍だった。

 これらの実験では、清潔さと道徳の間の関連性には深い根底があることが示されている一方で、下記の別の実験では、この二つの概念は互いに交換可能であるほど非常に近接しているということが示されている。この研究では、45名の参加者に、過去の非倫理的な行いを書き記してもらった。その後、22名には殺菌ティッシュが渡され、手を洗ってもらった。両方のグループはそれから、被験者を切望している大学院生を助けるため、これとは別の研究にボランティアをしてもらえないか、と尋ねられた。きれいになったと感じた学生たちは、罪を償う必要を感じなくなったのか、手を洗わなかった学生たちの74%と比べて、41%が助けをすることに合意した。

 バークリーのカリフォルニア大学の心理学者 Philip Tetlock は、この研究は非常に「巧妙」であり、彼自身でやっていればよかったと語った。「道徳と物理的清潔さとの間に心理学的な関連がある」ことをこの研究は示していると彼は語る。「実際、道徳的な清潔さに対する私たちの考えは、ある点において、不潔さや汚れに対して私たちがもつ根深い嫌悪感の隠喩的な延長であると思われるのです。」

-------------------------------------------------

 実際に出題された問題は、他に「SH__ER(SHOWER? SHAKER?)」や「S__P(SOAP? STEP?)」など。ちなみに冒頭で示した単語テストは僕が勝手に作ったものなので、はたして本当に同様の傾向が出るのかは不明です。

 ここまではっきりした違いが見られるというのは面白いです。誰かに何かをしてもらうよう説得するときなど、ひょっとしたら今回の結果が応用できるかもしれませんね。

【参考リンク】
元論文Washing Away Your Sins: Threatened Morality and Physical Cleansing
 http://dx.doi.org/10.1126/science.1130726

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/589

コメント (5)

shozando:

■実に
奥が深いブログですね。
力作です。


http://ameblo.jp/shozando
riverplus:

■ありがとうございます
コメントありがとうございます。
更新頻度がちょっと遅いですが、今後も書き続けます。


http://ameblo.jp/riverplus
ntmlog:

清浄さのイメージが逆に罪悪感をあぶりだすことはあるのでしょうか。教会や寺院の役割。興味深いですね。更新がんばって欲しいです。

riverplus:

こんにちは。せっかくいただいたコメントに気付かずごめんなさい。

寺や教会の役割という視点はとてもおもしろいなと思いました。
手入れが行き届いていたり、香が焚かれていたり、
清潔感のあるイメージが人に過ちを悔い改めさせる、そんな可能性を
昔の人はすでに気付いていたのかもしれませんね。

いっぽうで、今回の実験で、手を洗った被験者のほうが
院生の手助けをしなくなったのもおもしろい点です。
ここから推測すると、じつは清潔になると罪ほろぼしの必要を
感じなくなってしまう、なんて逆の可能性も捨てきれませんね。

試してみるとおもしろい傾向が出てくるかも!?

Best backlinks and website traffic service - we post your marketing post up to 100'000 forums worldwide price starting only from $29 Get large web traffic using superb backlink service available. We can post your marketing message up to 100’000 forums around the web, get insane amount of backlinks and amazing targeted web traffic in shortest time. Most affordable and most powerful service for web traffic and backlinks in the world!!!! Your post will be published up to 100000 forums worldwide your website or blog will get instant traffic and massive increase in seo rankings just after few days or weeks so your site will get targeted long term traffic from search engines. Order now: backlinks

コメントを投稿