« CO2が増えても木は大きくならない | メイン | ブログは自力で考える助けとなる »

米国人と中国人で違う、ものの見方

 Scientific Americanより。
  
 アメリカ人と中国人とで、写真を見るときの目の動かし方が違うことが分かった、という研究です。
 今回の記事は知人の翻訳です。
 
 Americans and Chinese Differ in Their World View--Literally
 (米国人と中国人で違う、ものの見方)
 http://www.sciam.com/article.cfm?chanID=sa003&articleID=00087E7F-7EC8-130A-8AB283414B7F4945

 
--------------------------------------------------
 
 中国とアメリカの学生を調査した研究によると、両国の学生グループで写真の見方が異なるという。この発見は、これまで注目されていた、東アジア人と北アメリカ人の判断や記憶における文化的な違いが、実際に目を向けるものが異なるためであることを示している。
 
 北アメリカ人はシナリオを評価したり、重要なものをじっと見つめたりする際に、より分析的になる一方で、東アジア人は一般的に全体に目を向け、状況をより考慮に入れるということを示す証拠が数多くある。しかし、研究者達は、これらの相違が、記号化、情報検索や知覚認識プロセスにおける精神的な比較段階によるものなのか、報告バイアス(訳注:有意差の認められた調査しか報告されないというような偏りのこと)によるものなのかはまだわかっていない。
 
 この違いがいつ生まれるのかを突き止めるために、ミシガン大学の Richard E. Nishbett 氏と彼の同僚が、一連の実験を行った。この実験では、中国人とアメリカ人の学生が、写実的で複雑な背景の中に1つの物体を描いた様々な画像を目にする。参加者は、実験中、目の動きをとらえる機材を身につけ、違う背景の中に同じ物体が描かれた絵を見せられ、その物体を前に見たかどうかをたずねられる。
 
 研究チームが予測したとおり、中国人学生は背景の絵に注目していたが、アメリカ人学生は、重要な物体を中国人学生よりも素早く見つけ、かつ長い時間見つめていた。(リンク先 の画像では、アメリカ人学生の視線方向パターンが上部、中国人学生のパターンが下部に示されている。)これによると、アメリカ人は重要な物体の視覚的詳細を記号化するうえで中国人よりも優れていた。これはアメリカ人が、たとえその背景が異なっている時でも、その物体を前に見たかどうかという質問に対して、中国人よりうまく答えていたことの説明になる。
 
 Nisbett 氏と彼の協力者は、このような、物体と状況に対する注意の向け方の違いは、社会性における習慣から生まれてくるという。「東アジア人は、比較的複雑な社会ネットワークの中で、決められた役割を持って生活しています。それゆえ、状況へ注意を向けることは、うまく立ちふるまうために重要なのです。対照的に、欧米人はそれほど抑圧的でなく、自立を重視し、状況にあまり注意を払わなくてもよしとする社会の中で生活しています。」この研究結果は今週の Proceedings of the National Academy of Sciences 誌に掲載される。
 

--------------------------------------------------
 
 画像の見方の違いは社会性の違いに原因がある、って説明はたしかに説得力があるように思えて、個人主義という考え方の強いアメリカと、主従関係の支配力の強い中国、というイメージによくマッチしてるなと感じます。
 
 でも、もし社会性が今回の違いの100パーセントの原因だとすると、アメリカ人も中国人も、産まれた直後の状態では両者の違いはかぎりなくゼロに近いはずだし、さらに、被験者の年齢が上がるにつれて、こうした違いは顕著になっていくはずですよね。実際のところはどうなんでしょう。
 
 そう考えたら、今回のように、被験者が学生だけってのはどのぐらいの偏りがあるんだろう? というところはすごく気になるところですね。できれば幅広い年齢層でも同様の実験をやってみて欲しいなあと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/437

コメント (4)

なかつみ:

■無題
僕はばっちり下のパターンです。しっかりアジア圏の人間だ。
上のように視線が動く人がうじゃうじゃいるってあたり、軽くカルチャーショックかも。

riverplus:

■周りをみる
写真の見かた一つでこれだけの違いが出てくるってのはすごく面白いですよね。
アジア人は、周りにだれか重要な人がいないか、を素早く調べてるのかもしれません(笑)。


http://ameblo.jp/riverplus/
orino:

■すごい着眼です
研究結果も面白いですが、こういうテーマに着眼するのもすごいですね。
社会学からのアプローチも必要そうですね。


http://ameblo.jp/orino/
riverplus:

■目のうごき
こんにちは。社会性との関連をきっちりと証明するのは難しそうですが、いろんなバリエーションでの実験結果も見てみたいですね。


http://ameblo.jp/riverplus/

コメントを投稿