« さいころをn個投げたとき、目の和が4の倍数になる確率 | メイン | 最高によく当たる占い? »

本当に? 「ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性」

 読売新聞の記事より。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050107i101.htm

-------------------------------------------------
悪者が暴れまわるテレビゲームより、かっこいいヒーローが敵を倒すゲームの方が、むしろ子どもの攻撃性を高める可能性があることが、お茶の水女子大の坂元章教授らのグループ研究で明らかになった。

 坂元教授らは2001年11月から12月にかけて、神奈川県や新潟県などの小学5年生を対象に、よく遊ぶテレビゲームと攻撃性に関するアンケートを実施、1年後に同じ児童に追跡調査を行い、周囲の人への敵対心を表す「敵意」など、攻撃性に関する5つの指標について、その変化を調べた。

 6校の児童592人についての調査結果を分析すると、知的だったり、見た目がかっこよかったり、魅力的な特徴を持つ主人公が登場し、攻撃するゲームでよく遊んでいた児童は、1年後に「敵意」が上昇していた。

 「ひどいことをした悪者に報復する」という、暴力を正当化するゲームでよく遊んでいた児童も同様に「敵意」が高くなっていた。

 これに対して、攻撃回数が多い、たくさんの人を攻撃するなど、暴力描写の程度が高いゲームで遊んでいる児童の場合は、研究チームの予想とは反対に、むしろ攻撃性が低下していた。

 この結果を坂元教授は「かっこいい正義の味方だと、プレーヤーが自己同一視しやすいため」と分析している。
-------------------------------------------------

 この記事を読んで、あれ、なんだかちょっとおかしいぞ、ということに気付いたのです。
 どうやらこの記事、相関関係と因果関係とを混同してるんじゃないか。

 この調査は、ある被験者のグループに対して、ゲームの嗜好と攻撃性増加の割合についてアンケート調査をしています。
 で、その結果を調べてみたところ、かっこいい主人公が攻撃するゲームでよく遊んだと答えた生徒は、1年後に攻撃性が増加していることが分かったそうです。
 でもそれって、つまり、ヒーローものゲームでよく遊んだグループと攻撃性の増加したグループとの間に、正の相関が見られたと言っているに過ぎないわけです。
 この結果では単に相関関係が示されただけであって、ここから「ヒーローものゲームが攻撃性を増加させる」という因果関係を引き出すことはできません。
 相関関係と因果関係がごっちゃになっているように思えるのです。

 もし因果関係を証明しようと思うのなら、もっと異なる調査方法が必要です。
 たとえば、被験者をA、B2つのグループに分け、現在の攻撃性についてアンケートをとる。
 Aの被験者には悪者が暴れまわるゲームを、Bの被験者にはかっこいいヒーローが敵を倒すゲームを、積極的にやるよう指示する。
 そして1年後に両グループの被験者に対しアンケートを取り、攻撃性増加の割合を測る。
 ・・・こんなふうな調査をやって初めて、因果関係を示したと言うことができるはずです。

 じゃあ、一体どうして今回のような調査結果が出たのか。
 いろいろな可能性が考えられそうです。
 たとえばあり得そうなのは、第3の要因の存在。
 つまり、調査に現れていない何か他の要因(生活習慣、両親の収入等々)があって、それがゲームの嗜好と攻撃性増加の両方に影響を及ぼしているのかもしれないのです。
 この記事ではそのような可能性については一切触れられず、ただ2つの因果関係の可能性だけが強調されてます。

 でも一応この記事の題目は、逃げ道でもとるかのように、「ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性」となってるので、100%間違ってるとは言い切れないのですが。
 あるいは、調査方法について詳細が分かれば、僕の誤解だったとハッキリするのかもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.riverplus.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/278

コメント (2)

綺麗山:

■心理学の誤った解釈
こんにちは。攻撃性で検索したらヒットしたんで訪れました。心理学って誤って解釈されることが多いよね。今後も論理的な見解を聞けるのを楽しみにしてます。


http://psychnote.ameblo.jp/entry-2c0fbd6e426c65b224c22060c0bb132d.html
riverplus:

■いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。
大げさな解釈のほうが、人目を引いて嬉しい、とかいう事情があるんでしょうかね。
綺麗山さんのサイト、たいへん楽しみに読ませて頂いてます^^